セルライトができる原因について詳しく解説

query_builder 2022/02/21
コラム
6

お尻や太ももの裏、お腹に現れる悩みの種と言えばセルライトですよね。
多くの女性が、セルライトを落ちない事を気にしているのではないでしょうか?
また、太っていなくてもセルライトができる事があるのです。
今回の記事では、セルライトができる原因に関して解説します。

▼セルライトができる原因について
■加齢
セルライトができる原因として、まず挙げられるのが加齢によるものです。
年齢を重ねると、基礎代謝量が低下し筋力が衰えます。
そのため、皮膚がたるんで血管やリンパが圧迫されて出来てしまいます。

■むくみやすい方・冷え性な方
このような方はリンパの流れが悪く、老廃物が体内に溜まってしまうのです。

■不規則な生活習慣
偏った食生活や高カロリー、脂質・糖質は脂肪が付きやすく、食品添加物入りの食品は体内の余分な水分排出の妨げになります。
喫煙習慣は、ニコチンが毛細血管を細くし血流を悪くします。
このような方は生活改善が必要です。

■運動不足
運動不足で筋肉を使わないと、筋力が衰えてきます。
また、筋肉の役割である血液循環もスムーズにいかなくなります。

■自律神経の乱れ
寝不足や不規則な生活・ストレスなどで自律神経が乱れると、セルライトができやすくなります。
自律神経の乱れは、交感神経を優位して体を緊張させます。
そうすると血管が収縮し、体が冷えて血流が悪くなったり、代謝の低下を招きセルライトができやすくなります。

▼まとめ
セルライトの原因は「加齢」「不規則な生活習慣」「運動不足」などです。
むくみや肥満がきっかけとなり、セルライトが出来てしまいます。
マッサージや運動をして、脂肪・老廃物・水分を流していきましょう。
Lymph salon Garnetでは、お客様のお悩みに合わせた施術を行なっております。
是非、お問い合わせ下さい。

NEW

  • 腸もみをする効果とは

    query_builder 2023/02/01
  • 炭酸パックの様々な効果とは

    query_builder 2023/01/15
  • 代謝を上げるためには

    query_builder 2023/01/01
  • 太ももの隙間を作るには

    query_builder 2022/12/15
  • 足つぼの効果とは

    query_builder 2022/12/01

CATEGORY

ARCHIVE